採用情報

社長メッセージ

挑戦し続けることが会社の宿命だから。

創業から一貫して続けてきたのはクオリティの高い製品作り、
技術の更新とチャレンジを続けながらお客様の信頼に応え続けてきたのが当社の歴史です。

大切なのは常に対話すること。

お客様の声に常に耳を傾け、細かい事までしっかりと理解や提案を重ねる。
時には指摘頂く事を謙虚に受け止め、改善を繰り返す。
良いモノ作りには対話が不可欠だと思う。
商品そのものではなく、開発力、仕事の姿勢に信頼があるのは私達の大きな誇りである。
これは働くスタッフにも同じこと。
会社とも上司とも後輩ともそして自分自身にも対話をすることは、
技術者にはとても大切なことだと感じている。
そこを第一に考えた環境がアドバンテージの開発環境です。
どんなに優れた製品を作っても、それを使う人がいて初めて感動がある。
モノ作りをする人にとって、それを感じる環境がなければ根本を見失ってしまう。
作る過程にもそれがあるから仕事は面白い。
開発は共に完成させるゴールを目指すものであるが、考え方、発想の違い、得意な事、好きな事、一人一人が違うことが面白い。
常に対話することで、互いの理解や成長、喜びがある。
チームで作るプロジェクトにも対話の有る無しは違いがハッキリとある。
一人の技術者として、一人の人間として、目標や夢、喜びの形が違うのは当たり前のこと。
その一人一人と常に対話し、モノ作りを共に続けることで豊かになっていきたい。

チャレンジと付加価値の創造は開発の共通理念、それに専念でき、
かつ喜びを分かち合える場所としてアドバンテージは存在していたいと考えています。